2018年チベット自治区情報

今日も世界のどこからかこんにちは。世界を旅する貧乏バックパッカーのちゃば(@AlataYmmt)です。

中国旅から無事、香港に入国でき歓喜に浸っています。

しかしそれも束の間、香港の物価の高さに目ん玉が半分飛び出しかけました。やっぱ都会の物価は高いですね、いや中国が安いだけなのかな・・・

そんな今日お伝えする情報はチベット自治区についてです。

チベット自治区

世界一周に出る旅人ならいければ行ってみたいと思わせてくれるほどの絶景が待っている中国の自治区、チベット。

入境するにはパーミットが必要でそれを取るのに多額なお金が必要なため行くのに二の足を踏む人が続出するというまさに貧乏人は受け付けないっと言わんばかりの地域です。

チベット自治区の中心都市である「ラサ」は中国人が死ぬまでに訪れたい街ベスト3にランクインされているらしいです。(情報源は不明です。あしからず)広大な中国にもかかわらずランクインされているぐらいですから、きっと言葉にならないぐらいの絶景や出会い、文化が待っているのでしょうね。

東チベット

チベット自治区の中でもチベット文化が色濃く残ると言われている東チベット。こちらはパーミットなしで旅行できるので、世界一周中の人も結構訪れているようです。

しかし、一番の見所と言われている「ラルンガルゴンパ」が現在外国人立ち入り禁止に指定されています。噂では2018年の春には指定解除されるということですが、詳しいことはわかりません。。。ちなみに立ち入り禁止なんて関係ねぇ!精神でラルンガルゴンパに行くのは絶対にやめましょう。中国政府が決めたことです。旅人である身、現地のルールは遵守しましょう。また他人に迷惑をかける心配もあります。

ラサ

ラサについては先ほど書いたように、パーミットが取れれば訪れることは可能です。

具体的にいくらかかるのかわかりませんが、数年前のブログを読む限り、1グループあたり40万ほどでしょうか。仮に4人の人が集まれば割り勘で一人10万程度です。しかし、中国の物価は年々驚くべきスピードで上昇しているようです。おそらく現在はもう少し高いのではないかと思われます。

訪れることは可能なのにここ最近「チベットいったよ〜」的なブログを見ることはなりました。その原因が地震です。

ネパール地震

2015年4月に起きたネパール地震により、現在中国、ネパール国境が閉鎖されています。

これによりチベット自治区からネパールに抜ける黄金ルートが遮断され、旅人が一気に減ったらしいです。

しかし2018年の春にはまた国境が開かれるらしいです。現在開いているには開いていますが、旅行者向けではなく商用向けみたいですね。

まとめ

上記情報は2月中旬に訪れた成都で、仕入れたものです。

次回のユーラシア大陸横断企画で再度、成都には立ち寄るつもりです。

もしチャンスがあればいってみたいと思っていたチベット旅。今回得た情報により、行けるなら行きたいなぁ〜なんて気持ちがふつふつを湧きあがっています。

しかし、チベット自治区「ラサ」に行くには人数を集めなければいけません。なので、もしチベットいこっかな〜とか、チベット行きたいな〜なんて思っているお方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください!是非前向きに話し合いましょう!

ではそんなわけで、旅友募集の方向に持って行けたので今回はこの辺にしておきます。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







スポンサーリンク