ルソン島北部バイク旅ルート2017

ルソン島の見どころ、観光名所は北部だけにあり!!

っと言われるぐらい北部は見どころ満載です。

今回は実際に自分が旅したルートと訪れた場所をご紹介します。

参考になれば幸いです。

ルート

まずは北部で一番でかい街バギオを目指します。

アンヘレスからバナウェに直接行くこともありですが、走行距離が長すぎて日が暮れる前につかない可能性もあります。

1回バギオを経由することで、1日あたりの走行距離を抑えることができます。

バナウェの後はボントックまで登り、サガダを経由してバギオに帰ってくると効率よく見どころを回れます。

総走行距離は750キロ程度です。

天候に恵まれれば1週間ぐらいで回れます。

見どころ

バギオ

特にこれといった見どころはありません!!笑

強いていうならば高原都市ということでしょうか・・・

山の斜面にびっっっしりと並ぶ家の光景はなかなか興味深いものがあります。

アンヘレスから登ってくるときに通るケノンロードは昔日本人が作った道路です。

バナウェ

世界遺産にも登録されているライステラスが有名ですね。

バナウェだけでなく、周辺の村にも綺麗なライステラスがあります。

バイクでいろんな村を訪れるのも楽しいでしょう。

バナウェの街よりバイクで40分ほどのバンガーアンの

ライステラスです。

キアンガン

山下大将が降伏をした地です。

これといってみるような場所はないのですが、訪れてみると案外面白いんではないでしょうか。

ボントック

市内より北に20分ほどいくと、石垣造りのライステラスが見れます。

川沿いに田んぼがある日本らしい光景も見ることができます。

またボントックに住むボントック族は首狩り族だったとかなかったとか・・・

ブスカラン

フィリピンで超がつくほどの有名なタトゥーアーティストがいます。

なんと齢100を超えているのだとか・・・

この人目当てに世界中から観光客が訪れます。

ブスカランについての記事はまた別に書きます。

本当に訪れる価値がある村です。

ぜひ行ってください!

サガダ

洞窟探検アクティビティーが楽しめるアドベンチャービレッジです。

短いもので1時間、長いものだと半日かかるスリリングな洞窟探検ができます。

ただし、あまりにも危険なため、事故も起こります。

もちろん死人げ出ることもあるので、体力、バランス感覚に自信がない人は・・・です。

洞窟だけでなく棺を岩にかけて祀るハンギングコフィンと言われる埋葬方法も見れます。

なかなか興味深いです。

カバヤン

世界でも多くないミイラを作る文化を持っていた街です。

カバヤンのミイラは特殊で内臓を取り出さずにミイラにするみたいですね。

フィリピンにもミイラを作る文化があったなんて驚きじゃないですか!

サガダからバギオに帰る途中にあるので、寄ってみてはいかがでしょうか。

最後に

見どころが多すぎて困ります。笑

時間がね、足りないんですよ!!!

これらを回れば、フィリピンをすきになること間違いなし!!

山道が多くて大変ですが、安全運転でいってらっしゃーい

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク