ー準備編ーオーストラリアラウンドに挑戦!!!!〜世界の中心へ向け2017〜

今更感満載の記事で大変申し訳ございません。

先日、銀歯が取れるという華々しい最後を迎えたおれのおれによるおれのためのオーストラリアロードトリップ通称ラウンドが終わりました。

なので今回からしばらくは、おれが今回のラウンドで体験したこと、準備、あれほしかったなぁ〜なんてラウンドの木になることをあれやこれやと書いていこうかと思います。。。

眠い目をこすりながらね!

では・・・

タイトル

どんっ!

オーストラリアラウンドに挑戦!!!!〜世界の中心へ向け2017〜

せっかくのオーストラリアワーホリ。この雄大な大地を車で爆走して自然ハンティングを楽しもうというなんとも贅沢な企画ですね。

準備

さてロードトリップに出る前に必ずしなくてはいけない準備としてしたことをかんた〜んに書いていこうと思います。大まかに分けて、資金と車とキャンプ道具、釣り道具ですね。
えぇ釣りは重要ですよ。なんせ釣れたら食料になりますし、食費の節約にもつながりますしね。

オーストラリア大陸ははてしなくでかいです。
でかさとしては・・・パースとシドニー間で3時間の時差があるぐらい広大です。
でもどんな車が良いのかってのは結構悩みどころですよね。ネットで調べていると、ラウンドするなら4WDの車でなきゃやばい的な記事があったり・・・。とにかく車選びは悩みどこ!!でも安心せぃ!車なんてなんでも大丈夫やで!最低限の条件をクリアしていればね!
おれが定める最低条件とはこれだぁ

燃費

ラウンドするってことはだいたい5000キロ以上は走ることになりそうですね。ってことでラウンド中の費用で大半を占めるのがガソリン代!少しでも支出を減らしたい、節約ラウンドをしたいならば、間違いなく燃費の良い車を購入しよう!

目安としては1L12キロぐらいでしょうかね。最低でも燃料満タンにして300キロ以上走る車でないとお話しになりませんね・・・。
ってのもなーんもないオーストラリアの郊外のハイウェイ通称アウトバックなんかでは次の給油場所が200キロ先なんてざらにありますからね。

自分が今回走ったルートでは次の給油場所が一番離れていたのが約200キロっすね。

ちなみにオーストラリアに来て初めて買った車のJeepチェロキーは1Lで8キロぐらいしか走りませんでした。満タンで300キロ程度・・・。まぁ一応行けなくはないんですけどね、おそらく莫大なお金が必要になるでしょう・・・。

ってのもね、給油場所が大きな都市(パース、アルバニー、アデレードなどなど)から離れれば離れるほどガソリン代はもちろんのこと高くなります。
自分がアデレードで入れたとき1L1.10ドルが郊外では1.60ドルとかね。
一番高かったのが、エスペランス〜ポートオーガスタ間での1L1.85ドルっすね。
91でこの価格ってやばくないっすか?日本でいうレギュラーガソリン(95)とかハイオク(98)ならいったいいくらなんや・・・。

4WD

車は4WDのやつじゃなきゃいけませんか?
これ、ほんっっっっっと自分も悩みました。
ってのもオーストラリアって広大すぎて、未だ結構な道路が未舗装なんですよね。もし通る道路が未舗装で4WDでなきゃ通行できないなんて状況になったらそこでラウンド終了になりかねない大事件ですよね。

しかーし安心して下さい。

主要な道路(大都市間をつなぐ)は完全に舗装されています。よって必ずしも4 WDである必要はありません!!

もちろん4WDであれば、未舗装の道をかっ飛ばして全然人が訪れないような秘境にアクセスできたり、塩湖の上をすいーすいって走行できるなんてメリットもありますがね。

IMG_4070

オーストラリアの大自然を100%余すことなく感じ取りたいって強者は間違いなく4WDでしょ!そうじゃない方は別に2WDでかまわないと思いますね。

おれの車

さてさんざん書いてきていったいてめぇの車はどんなんだって疑問をお持ちではないですか?
そんなお方のためにおれの車を紹介しよう!

クライスラーネオン

IMG_4126

タイプはセダンすね。燃費は1L12キロぐらい。満タンで600キロぐらいはいけます。もちろん2WD。
出発前に受けたメカニックチェックでは、
・後輪のタイヤの溝がないから交換
・エンジンの台が壊れているから交換
・ブレーキパッド残り少ないから交換
・後輪のハブベアリング交換
っと以上4点の指摘を受けました。このほかにもいくつか交換すべきところはありましたが、メカニックに強くこれだけはやっておけって言われたのが上記の4点です。総額で1000ドルぐらいっすかね。
最後のハブベアリングに関しては、もう寿命一歩手前、寿命に達したら最悪タイヤ外れて悲惨なことになるぞ的な脅し、いや忠告を受けています。
しかしね、おれは一切それらを修理せずに出発しましたよ!そして何事もなく?無事にアリススプリングまで着きましたよ。
まぁ今回はたまたま運が良かっただけでしょう。

さてそんなセダンタイプのネオンなんですがね、一つだけ不満な点があります。それがね車中泊に向いていないってことなんです。
ラウンドしていれば、1回ぐらいは車中泊をすることになると思います。オーストラリアでは一応公共の場所もしくはキャンプが許されていない場所での車中泊は違反です。レンジャーに見つかれば高額な罰金を支払うことになります。
しかしね、たまにあるんですよね。せっかくキャンプ場についてテント張って寝ようと思ったら、急に雷雨。
こんな状況じゃテントでなんてねれないっすよ。なんで車中泊する羽目になるんです・・・。
自分もあったんですよね、WA最終日にテントで寝ようとしたら急に雷雨。バケツをヒックリ返したような雨に雷。こんな状況じゃ怖くてテントじゃねれないっすよ!
でもセダンなんで、身長180センチの高身長でスリムで細まっちょな自分は足を伸ばせてねれない。結果睡眠不足なまま朝を迎えることになるんです。
そして睡眠不足で運転に集中できなくなり仮眠を取ろうとしても、外でねればハエの餌食、中でねれば暑さと窮屈さでねれない。最悪のスパイラルに陥ることになるんです。

セダンでも問題ないんですが、やっぱり足を伸ばせてねれる広さの車は必要なんじゃないのかなっって思います。
睡眠不足が一番危険ですからね。ラウンド中は。。。

おすすめな車

上記のことを加味しておれがおすすめするラウンド車は・・・

TOYOTA CAMRY WAGON
2WDですが、ワゴンタイプなんで、荷物どければ足伸ばしてねれるでしょう。

TOYOTA LAND CRUISER
4WDの強者っすね。ハイウェイ走ってると結構な高確率でこの車は見かけます。世界のトヨタ様。さすがです。
ちなみにかの有名なテレビ番組「水曜どうでしょう」がオーストラリアを縦断した時はこの車使ってましたね。水曜どうでしょう公認車っていっても過言ではないでしょう・・・。結局アデレード着いた途端に動かなくなりましたが・・・。

まぁトヨタにこだわるわけではないんですが、やっぱトヨタって壊れにくいってイメージがあるじゃないですか。そんで、結構トヨタ車走ってるんで、仮にどっか故障してもまぁ替えのパーツは苦労せずにてにはいるんじゃないかと・・・。でもやっぱトヨタってだけで、若干値段がほかのメーカーよりも高い気がするんですよね。
値段を気にするなら、日本車なら三菱、ホンダ、外車ならホールデン、フォード、ランドローバーがいいですね。
間違っても、Jeepやらクライスラーなんていうオーストラリアではマイナーな車は乗ってはいけませんよ!!替えの部品さがすの大変なんだから!!!!

資金

お次は車の次に大事になるであろうお金の話です。
ラウンド中にかかる主な経費としては、ガソリン代、食費、宿泊費でしょう。
仮に宿泊費をレストエリアや無料キャンプ場で浮かす場合はガソリン代と食費だけになるでしょう。

自分は今回のラウンドでお金の計算は一切していないので、細かくいくらかかったってのはわからないんです。ただなんやかんやで・・・

ガソリン代:走行距離7000キロ÷燃費12キロ=ガソリン584L
584L×平均ガソリン単価1.4ドル=820ドル

食費:1日5ドル×17日=85ドル

宿泊費:200ドル

車購入費:1500ドル

レゴ:400ドル

トータル:3,005ドル

おそらくもっとかかっているでしょうけど。。。食費とかで・・・

車購入費、レゴを抜くと一番かかっているのはやっぱりガソリン代っすね。なんで、ラウンド費用を安くするには、いかにしてガソリンの平均購入単価を下げるかってことになると思うんですよ。
賢いやり方としては、大都市でガソリン満タン+ポリタンクにガソリン詰め込んでいくってやり方。おそらく重量が重くなれば燃費は悪くなるでしょうけど、1L1.8ドルみたいな馬鹿げた価格で買うくらいならポリタンクにいくらか入れていったほうが安くなるんじゃね??って思います。
ちなみに2017年1月でWAとSAを比べると圧倒的にWAのほうがガソリン価格高いです。パースで1L1.4ドル程度です。ちなみにアリススプリングスは2月9日の価格は1.45ドルです。ってアリススプリングスSAじゃねぇしってつこっみはスルーします。

究極な考えとしては、ある程度燃費がくっっっっそ良い車買ってガソリン代を浮かす。もちろん車の購入費用は高くつきますが、なが〜い目で見るとトータルは安くなるかもしれませんね。そこらへんは数学者ばりの電卓で計算することをお勧めします。

車の保険に関してかんですが、今回自分は任意保険には入っていません。まぁ特に大した理由はないんですがね、東京で営業車乗り回していた時代に比べればオーストラリアの街中の運転なんて鼻くそレベルじゃんっていうなんとも傲慢な気持ちがあったんですよ。
若気のいたりってやつですか。
あともし仮に相手の車を傷つけてしまった場合でも、そこまで高い車でなければ修理費はなんとか出せるぐらいの貯金がねあったんですよね。
ロードサービスに関しても、もし仮に道端で車が急に動かなくなったら、車諦めてヒッチハイクで旅を続けようって気があったんで、今回は入ってません。

結局、任意保険とロードサービス入っても追加で400ドル程度なんで、う〜ん・・・。そこまで痛くないね。

そこの判断はほんとに運転者の技量や自信によると思いますね。(もちろん入らねければリスクは大きいですよ

キャンプ

キャンプは1回とはいわず数回する羽目になりますよ。
ってのもオーストラリアって結構無料のキャンプ場がありますし、そのロケーションなんかもすっげーやばいんです。なんていうかなー秘境感満載的な。

IMG_4047

そしてですね、ハイウェイにあるロードハウスなんかはモーテル、キャラバンパーク併設ってのが普通なんです。でね、モーテルに泊まると最低でも1部屋80ドル以上はしますが、テント泊なら1泊25ドル前後と割安なんです。

たかだ1泊寝るだけで80ドルって・・・って思う方は大半でしょう。なんでテント泊に頼らざるを得ません。もちろん運良くバックパッカーみたいな安宿があればありがたいんですがね。そんなのがないのがオーストラリアラウンドなんです。

さて今回自分が持って行ったキャンプ道具は

・テント2人用
・カセットコンロ
・調理道具
・椅子

だけです。これってほんとに超最低限です。
これに追加で、海でゆっくりするならサンシェード、もしくはタープが必要でしょう。案外オーストラリアってどこでも風がマックスでやばい傾向にあるんで、風よけができる何かがあれば大変便利です。

そしてもし今テントを持っていなくて、これから購入を考えている方にアドバイスなんですが、なるべくでかいテントを購入することをお勧めします。
ってのも無料キャンプ場とかって基本シャワーないんです。だから着替えはテントか車の中でしなきゃいけないんです。自分みたいに2人用でかつ、テント内で立つことができない、ただ寝るだけタイプだと、着替えすらするのが面倒に感じます。
せめて立つことができれば・・・。何度そんなことを思ったことでしょう。
そしてでかいだけでなく、前室がしっかりあるやつがお勧めです。前室があれば、それが日よけ代わりになるんで、タープの必要性が若干薄れますからね。

まぁあとは持ってて良かったのはやっぱバケツっすね。

自分は洗濯用にっていつも折りたたみ式のバケツ携帯してるんですが、これが今回はシャワー代わりに大活躍しました。
川の水を汲んで上からバッサー
公園の蛇口から水を貯めて上からバッサー

おかげでシャワーに困ることは案外なかったですね。もちろん洗濯も。

釣り

オーストラリアは釣り大国や!
島国だけあってかどこでも魚が釣れます。
大漁です。なんで、ラウンドを楽しみながら、各地での魚釣りを楽しもう!ってのも結構オツなもんですよ。
仮に魚が釣れたらそれがそのまま食料になるので食費の節約にもなりますね。
だいたいどこの町にも釣具屋さんがあるんでこの時期なにが釣れるのかを聞けば親切に教えてくれます。また、結構釣り好きなオヤジたちが多いいんで、キャンプ場とかいったら周りのオヤジたちに気さくに話しかけましょう。絶好の釣りポイント案外知ってますよ。かれら。

ちなみにWAの南の方、アルバニー、エスペランスでは2月中旬からでっけぇオーストラリアンサーモンが釣れるみたいっすね。
あとはだいたいどこでもイカは釣れるでしょう。

基本的に餌釣りだと餌購入しなきゃいけないのが面倒になるので、ルアーで釣れる魚を狙った方がいいんじゃないのかな〜って思いますね。

案外キャンプ場って暇なんで釣りって結構いい暇つぶしになるんですよね。

最後に

ラウンド前の準備って怠れば怠るほど無駄なお金が発生すると考えた方がいいでしょう。お金を最小限にするコツはしっかりとした計画が重要です。
って経験者のおれから言わせて下さい。
無計画でいけば、ラウンド中にいろいろ買い足したり、余計な回り道したりしてお金だけでなく、大事な時間も失うことになります。計画は大切やで!
そして、車。車なんてそうそうなことがない限り壊れません。結構日本人って車に関してはシビアに見てますけど、想像以上に頑丈っすよ。まぁ自分素人なんであんんま大きい声で言えませんが・・・。
でも出発前に、メカニックのチェックは受けるべきだとは思います。ただ自分の車が壊れて動かなくなるならいいんですが、走行中タイヤが外れて他の車を巻き込んだ事故なんて起こしてしまえば本当に最悪の事態になりますからね。

準備にたくさんの時間をかけて最高のラウンドお楽しみ下さい!!

次回はルートや日程なんかを書こうと思います。ではまた。

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







スポンサーリンク




コメント

  1. きりみ より:

    こんにちは!すいません。
    昨日コメント?質問したきりみです。
    なんか自分のコメントも表示されてない?、コメント返しがきてるのかも分からなくてもっかい投稿してしまいました。すいません(´・ω・`)
    いま下にある新しいコメントをメールで通知にティックしたんで、次は見れるといいな(´・ω・`)

    • ちゃば より:

      恐らく記事違いではないでしょうか???
      先ほど確認したら表示されていましたよ。

      ちなみに車の費用はだいたい4000ドルです。