日本に着いて30分でサラリーマンに舌打ちされました。マジでなんなん!!

どうも皆様こんにちは。世界を旅する貧乏バックパッカーのちゃば(@AlataYmmt)です。

昨日無事日本に帰国(一時)したわけですが、ちょっとした出来事が起こりましたので、こうして筆を取らしていただいた次第です。

エスカレーターでの出来事

成田空港第3ターミナルにランディングした香港からの飛行機。時刻は夜の7時。

9時に友達との待ち合わせがあったため、急いでおりました。急激に・・・

まず浅草に行き、宿にチェックインをして待ち合わせの上野駅に9時。もはや7時着の時点で無理ゲーなのですが、1分でも寒空の下待たせてはいけないと思い、ダッシュです!!

しかし狭い空港の通路、ダッシュといっても気持ちだけです。焦って人にぶつかってあらぬトラブルを避けるためにも、無理な追い越しをせず、広い道では早足!狭い道では気持ちを抑えて周りのペースに合わせます。

そして電車の駅がある第2ターミナル行きのシャトルバス、出発間際にヘッドスライディング!!ギリギリ間に合いましたァァァァ!シャトルバスに!

よっしゃぁぁぁ!!!

お次は電車のホームへ向かいます。

改札を華麗なICカードさばきで通過し、ホームへ降りるエスカレーターにジャンプ・・・イーーーーーーーン!

しかし、旅行者が多い成田空港の駅なだけあって、結構なお人がキャリーバックを待っています。不運にも俺の前に乗っていた中国人と思われるカップルがでっけぇキャリーバックを2個も持ち、乗っていました。そしてエスカレーターの左側に立ち、右側にキャリーバックを置いたのです。

これまた不運にも大きいバックパックを担いでる俺はエスカレーターの侵入タイミングが完璧に他の地の人と被ってしまい、エスカレーターの右側に立つことになってしまったんです。

東京のエスカレーターの暗黙の了解は、右側は「急いでる人のために開ける」ですよね。でももし日本を離れる前とルールが変わっていなければ、エスカレーターって歩いてはいけないですよね。

綺麗に右側だけが空いて、右側に立つ俺氏。歩いてはいけないルールはわかった上で、仕方なくエスカレーターの右側を歩くことにします。しかし、先ほど書いたように、前に乗っているカップルのキャリーバックが右側の通路をふさいでいます。

半身になればかわしていけるんですけど、いかんせん巨大バックパックを担いでる身。無用なトラブルを避けるためにも無理な追い越しはせず、バックの後ろ、かといってカップルに「どけろよ」プレッシャーをかけない位置に立ちます。

すると聞こえてきたのです・・・

チィッ

静寂を打ち破るかのような、不快な不快な舌打ちが・・・

すぐ後ろを振り返ると、バシっとスーツで決めた50代と思われるサラリーマンが右側に立っているではないですか!!

この人、俺が右側空いているのに進まないで進路を妨害していると思い、舌打ちをしてきたのでしょう。腹たつわぁぁぁ

何かいってやろうかと思いましたが、無用な・・・なので何も言わなかったんですが、後ろを振り返ったタイミングでそいつおれから完璧に目線をそらしたんですよね。

文句があんなら舌打ちで不快感伝えるんじゃなく、言葉で伝えろや!

一番舌打ちがイラっとくるわ!

ってか、どいて欲しければ「すいません」ぐらい言えないものなのかね!成田という場所柄おれが日本人か外国人か分からなければ「エクスキューズミー」って言えばいいのにね。

いくら英語が得意じゃない日本人でも「エクスキューズミー」ぐらい知ってるだろ。そんなことも言えずに舌打ちしてくるヤツの気が知れねぇ。

あぁ、せっかく帰国してきたのに、たった30分で日本のイメージ最悪っすわ。

おれでよかったな

今までいろんな国を旅してきました。

友人と話すとき、だいたい「どこの国が一番よかった?」なんて質問されます。世界を旅したことがある人なら必ず1度は受けた質問でしょう。

その中でいつも自分は「エジプト」と回答します。理由はピラミッドを代表する歴史的価値が高すぎる遺跡群に、なんといっても人懐っこいエジプト人が面白かったからです。

エジプトを旅したことがある人からは毎回驚かれます。中にはあのエジプト人たちの過激なフレンドリーさが嫌いって人もいるからです。だから、遺跡群はいいけど人が好きになれないからエジプトは一番ではなく、下から数えたほうが早い順位って人も中にはいるでしょう。

つまり何が言いたいかって、その国が「良い」か「悪い」かは文化とか遺跡、観光名所も重要ですけど、最後の最後はやっぱ「人」なんですよね。

どんなにインフラが悪く、観光名所が廃れ、治安が悪くても、そこで出会った人に優しくされたり、家族のような付き合いをしてもらえたら、その国のイメージってスッゲー良くなるんです。

今回、日本について30分でエスカレーターでサラリーマンに舌打ちされましたけど、舌打ちの対象がおれで、ほんと〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜によかった。

もしおれの前に立っていた中国人であろう旅行者に対してサラリーマンが舌打ちしたら、その人たちの日本に対するイメージはマイナス1万点でしょう。これから日本を回っていろんなことを体験しようとしているのにすでに日本のイメージマイナス1万点ってもうどんだけ他の人が努力しても点数がプラスに行くことはないでしょう。

さいごに

日本のイメージ最悪です。

エスカレーターで進路妨害(っていってもエスカレーター歩くの禁止ですが)されただけで、舌打ちするような人がいるこの国に大変驚きです。

ま、東京なんて忙しい町で、金曜の夜ってこともあり、早く帰りたい気持ちがあるっってことはくみ取りますけど、その気持ちを舌打ちで伝えるとは・・・

愚かというより情けないですね。でも自分の意見や感情を言葉に出さないこの手法こそ日本スタイルなんだなってのも実感します。

海外にでていろんなことを経験していろんな人見てきましたが、やっぱ日本人って特殊な存在だと改めて気づかされました。

ブログでこーゆー愚痴的なものは書かないで行こうって決めたんですけど、すごくモヤモヤするので書きました。次回からはまた旅関連の記事を書いていくつもりです。

ではこの辺で・・・

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







スポンサーリンク