ユーコン永住権を目指して(仮)

前回に引き続き、今回もカナダ永住権、いや、ユーコンノミニープログラムでの永住権取得について妄想を書いていこうかと思います。

スケジュール

ユーコンでの永住権の話はまだ本当に妄想の域を出ていません。

だからファーストステップであるカナダのワーホリビザの申請すらもまだしていません!!

さらに言えば、カナダのワーホリビザを取得するのに、何が必要で何日かかるのかも全くわかりません。

ただ、仮に行くとしたら、5月中旬に行くことになりそうです。

現在ラオスに滞在し、明後日から中国1ヶ月、ベトナム、ラオスagain、ベトナムagain、カンボジア、タイ、日本帰国ってのがほぼ確定しているスケジュールです。

日本帰国後、3月11日にTOEICのテストを受けます。これはすでに申し込み済みです。

約2年の旅と留学、ワーホリで一体自分の英語力がどの程度なのかをはかるために受けます。

勉強はしないでおこうかと思いましたが、せっかくなので、移動時間を使いリスニングだけ徹底的に勉強しています。

目標は400点です。リスニングだけで。

リーディングのほうは勉強する暇がないので勉強はしないで臨むつもりです。

その後5月まで日本で一度働こうかと思います。

先日ちらっと書いたかもしれませんが、クレジットのキャッシングが止められました。

原因は収入がないことでした。

キャッシングは借り入れなので、収入がない人は利用できませんと言われました。貯金がいくらあってもダメみたいです。しょうがないのでまた働いて収入を復活させようかと思います。

その後5月中旬にカナダ、バンクーバーに渡る。

バンクーバーに行く理由はユーコン準州の隣の州という理由だけでなく、あわよくばバンクーバーで車を購入してやろうかと目論んでいるからです。

おそらくオーストラリアと同じで田舎に行けば行くほど車がないと何かと不便ではないかと思うので購入できたら買いたいですね。

日本車のそこそこの値段のや〜つ。

そして6月にユーコン準州ホワイトホース着!!

ホワイトホースのシーズンは夏だという情報を得ているので、シーズン始まる前に行ければと思います。

ただしカナダの大学の夏休みが6月ぐらいから始まるらしいので、職探しは6月以前に完了させておく必要があるような気がします・・・

ホワイトホースの自然を満喫しながら収入得つつ、夏休みを過ごそうなどという大学生がある程度の数はいるような気がしてなりません。となると、職探しはそーゆーガッチガチのネイティブ大学生とポジションを争うことになるかもしれませんね。

辛いな・・・

一応狙い目のポジションはホテルのハウスキーピングか飲食関係。

オーストラリアで半年ハウスキーピングの仕事してた経験あれば、なにも経験ないやつよりかは有利に行ける気がします。

さらに、ハウスキーピングなどという仕事なら楽すぎる・・・1年でも2年でも働けるぜ

ユーコンノミニーを申請するにはIELTS4以上のスコアと半年の就労経験が必須らしいので、最短で申請できたとしても年末になるでしょう。

しかしクリスマス休暇を避け、区切りよく行くならば年明けに申請という流れになりそうですね。

申請から取得まで6週間程度時間がかかることらしいので、順調に行けば来年の3月までには取得できることになるでしょう。

これが簡単なユーコンノミニーでの永住権所得のスケジュールです。

問題点

さて次に問題点、課題ですが、第一に英語力でしょう。

IELTS4これって勉強している人から言わせれば簡単に行けるレベルらしいですが、偏差値50以下の大学を卒業している自分には結構な壁です。。。

YouTubeでIELTSスピーキング4の人の動画みたんですが、おれあんなに流暢に喋れないっすね・・・

これはおれの勝手な予想ですが、全体的に受験者のレベルが低ければ多少自分の実力がなくてもそこそこの数字行けるんじゃないかと思っています。

なにが言いたいかといいますと、カナダで受けるより日本で受けたほうがスピーキングに関してはスコアが出るような気が・・・

やはりカナダというネイティブの土地で受ければ受験者のなかには永住権や市民権狙ってるガッチガチのほんまもんがゴロゴロいると思います。そいつらに引っ張られて基準が高くなる可能性って絶対あると思うんですよね。やっぱ試験管って人間だからさ。だったらそーゆー類の人が少ないであろう日本で受けたほうが基準も下がるんじゃないのかな〜なんて。まぁそもそもIELTS受けたことなくてわからないし、そもそもIELTSってパソコンで受験って話も聞いたことあるからどこで受けようが基準が変わることなんてないんだろうな。

リスニングは4は確実に取れる気がしてなりません。

オーストラリアで半年、ほぼ毎日ネイティブとピザのデリバリーで電話していたので、ある程度の地震はあります。マグニチュードでいえば4ぐらいですか・・・

カナダで本気で英語学習に取り組めばおそらく4は行けるような気が・・・

根拠はないですが自身はありますよ。

いつでもポジティブに!これ大事ですね。

次の問題点は気候ですね。

温暖な静岡という地で育ったおれにとって真冬にマイナス20度までいくような世界で生活できるか不安です。

一応1年長野のくっそ寒い地域穂高で冬を過ごしましたが、毎日が憂鬱でしたね。。。全てにやる気が出なくなるし、朝起きるのが何よりも辛かった。あれが半年以上も続くのかと思うと・・・

あとは問題点はないかな〜

都会よりも田舎のほうが落ち着いて生活できるし、やることなくても釣りできるだろうから娯楽はあるし。

物価は多少高いと思うけど、オーストラリアでの貯金がまだまだ余裕で残っている現状を見れば収入無しでも1年カナダに滞在できるしね。

やっぱオーストラリアで本気で貯金してよかった〜

セカンドも申請すればおそらく取れるし、お金なくなったら一度ユーコンノミニー諦めてオーストラリアで資金稼ぎって選択肢も取れるしな。

プランB

さて最後にプランBのご紹介。

仮に仕事が見つけられなくて、もしくはスポンサーが見つからない、それかスポンサーになるなる詐欺に引っかかったりした場合。

マニトバ見たく2018年中にユーコンノミニー申請条件が大きく変わってしまった場合。

これらによって永住権を諦めざるを得なくなったら、どうなるかという話です。

一度走り出したら、おれの性格上止まりません。

なにがなんでもユーコンでの永住権の獲得に行くでしょう。

意地でもいきます。

それがユーコンカレッジに入学!!

調べたんですが、コースに申し込みするにはIELTS6.5程度の英語力が必要らしいです。

でもESLだかの語学コースに3ヶ月通えば英語テスト無しでコースに申し込みできるらしいです。ちなみにESLコースにはIELTS4以上必要です。

このESLからカレッジコースをとれば、カレッジ卒業後に最長3年の就労ビザがゲットできるらしいのでそれからのユーコンノミニーの再チャレンジ!!

期間と費用はかかりますが、最終学歴ユーコンカレッジinカナダという肩書きと就労ビザという条件がついてくればお得な気がするのはおれだけでしょうか。

そして3年もあればどっかしらのスポンサーは見つかるでしょう!

一応これが漠然と考えたプランBです。

これまた軽〜く調べただけなのでうまくいくのか、どんなもんなのかは全くわかりません。

最後に

これを書いていてふと思いました。

以前にもこんなようなフューチャープランを長々と書いていたような気が・・・

そうですイギリスビザに当選していた時です。

そのときもイギリスに行ったらでつらつらと妄想を楽しみました。が、結局費用が予想以上にかかるのと、仕事探しの自身のなさとめんどくささで諦めました。

さ〜て今回のユーコンノミニープログラムからのカナダ永住権の道・・・

一体どーなることでしょーか

ではまた。

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク