タイ最後の秘境にいこかと思います。

ハジャイの次はプーケットでダイビングのライセンス取得!

っというのが昨日立てた予定。

そして今日変更して、ハジャイの後、マレーシアの国境近くにあるタイ最後の秘境と呼ばれるとある島に行こうかと思います。

リペ島

タイの最南端に位置する離島らしいです。

マレーシアの免税島であるランカウイ島に近いためアクセスもランカウイからボートに乗ったほうがいいのだとか。

ハジャイからいく場合は旅行代理店でジョイントチケット(バス、ボート)で600バーツです。

島は地図みてわかる通りランカウイに比べれば米粒ほどの大きさの島です。

なので徒歩で島1周も可能だそうです・・・

そしてこの島の一番の魅力はビーチがとんでもなく素晴らしいらしいです。

白い砂浜に改定が見えるぐらい透き通った海

まさに絵に描いたような理想なビーチがそこに

ってな感じらしいです。

自分がこの島を知ったきっかけはロングストーリーなんですがね、

とある人のブログでここのところずっと働きまくってバカンスに行きたいからバリ島のチケットを購入したよ。ビーチでゆっくりしながら本でも読んで英気を養おう・・・

って記事を読んだんです。

で、俺は思うんです。バリ島なんて金持ち、もしくはパーリーピーポーがいくような島であって、ビーチでゆっくりしたいなんてことはできないんじゃないかと。

街を歩けば指をさしながら「タクシー、タクシー」「アリガット」「コニチハ」「ニホンジンデスカ」ってひっきりなしに声をかけられ、繁華街歩けば「マッシュルーム」「マリファナ」などといかがわしいことを言われ、ローカル食堂ですら観光地価格(コタビーチ)

正直、バリ島の人たちウザって思います。

もちろん彼らも生きるためにやっていることなんで、理解はしますが・・・過剰なんですよ。

そしてビーチ

バリ島滞在中何箇所かビーチ行ったんですが、白い砂浜に透き通った海なんてものはお目にかかれませんでした・・・さらに一番観光客が訪れるコタビーチは波が高くとても波の音を聞きながらゆっくり読書などという荒技は到底無理じゃないかと。

ビーチでくつろぐなんてバリ島ではハードルが高いんじゃないの。

そこそこの値段のホテルに泊まって、プールサイドで日光浴をしながら読書ってパターンが一番くつろげるんじゃないかと。

そこで思ったんです。

よく海外のメディアなんかがやっている世界のビーチランキングでバリ島のビーチは入っているのかと

でググった結果、「CNNのベストビーチ100選」で39位にCanggu Beach, Bali, Indonesiaってビーチが入ってたわけなんですよ。

バリ島にもメディアに選出されるぐらいの綺麗なビーチがあったんだな〜なんて関心しながら上位陣を見ようとして1つずつチェックしてたら28位にリペ島が出てきたんですよ。

リペ島なんて島聞いたことなかったし、どこにあるのかもわからなかったんで、これまたググった結果ハジャイから簡単にアクセスできて、ビーチがとにかく素晴らしいと。

それでハジャイからプーケット直で行こうかと思ってたんだけど、せっかくリペ島が近くにあるんだしちょっと寄ってみよっかなってことでいくことを決めたんですよ。

なが〜いストーリーですね。

こんな感じにリペ島行きを決めて早速ホステル併設の旅行代理店でリペ島行きのチケットを購入しましたよ。

ってなわけで明日からリペ島です。

天気はそこまでよくはないみたいですが、まぁ半日でも晴れてくれればそれでよしとしましょう。

次回はリペ島の魅力をご紹介!的なものがかけたらいいな・・・

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク