マニラあるある〜宿編〜

スタッフの数が異常に多い

全5部屋クラスの安宿にスタッフ8人以上はいます。

無駄に多いです。

なのに、部屋の掃除がされていないとか、トイレットペーパーが切れたままのことが多々見受けられます。

まぁ人件費の無駄遣いというのか、ただの家族経営なのか・・・

そこらへんは謎ですね。。。

長期滞在者が必ずいる

マニラに出稼ぎにきているのか、だいたいの安宿の一番安いクラスの部屋には長期滞在者(フィリピン人)がいます。

日中か夜間に働いているため、規則ただしい生活なのですが、100%服は散乱しています。

ただでさえ狭いドミなのに、彼らのせいで、余計自分が使えるスペースが狭くなります。

予約の管理が適当

アゴダなりbooking.comなどで予約していっても予約表に載っていないことが良くあります。

予約はしたのに、ホステル側が予約メールを確認していないためこのような事態が起こります。

もし飛び込み客にベットを売っていたら・・・

ぞっとしますね。

管理面の甘さはやはりフィリピンクオリティなのでしょう・・・

スタッフがうるさい

夜10時以降だろうが関係なく音量がんがんで音楽聞いていたりユーチューブ見ていたりします。

フィリピン人はだいたいそうなのですが、他人のことは一切考えていません。

自分がよければそれでいいという感じがすごいします。

イヤホンあるなら是非使って欲しいです。

エアコンの設定温度が異様に低い

寒すぎて0度対応寝袋を使って寝る羽目になります。

電気代を考えてもう少し設定温度上げてもいいような気が・・・

コストも浮くし、ゲストも快適に寝れるしお互いにメリットがあるのではないでしょうか。

いびきがうるさい

ふくよかな方が多い国なのでいびきがうるさいお方も多いです。

1晩中ずっと部屋に響き渡る音量なので、耳栓は必須です。

本当ねれないレベルっすからね。

最後に

あくまでこれらは自分がマニラの安宿で経験した出来事です。

簡単にいえば、マニラの安宿にはモンスターがたくさんいます。

それらを避けるためにもある程度の値段の宿に泊まることをお勧めします。

ルームメイトが旅行者だけか、長期滞在者がいるかでは全く別の環境になります。。。

なるべく一番安い部屋を選択することはやめておきましょう。

もしモンスターの影響でねれないなどの状況の場合、レセプションに相談に行くことをお勧めします。

運がよければ部屋を変えてくれる場合があるでしょう。

そしてもしスタッフがうるさくてねれない場合は速やかに苦情を言いましょう。

言われて初めて気づく人なちなので、言わなければ自分の気がすむまでやり続けます。

最後の最後に、

「これがフィリピンであってここはお前の国ではない!」

スタッフに相談に行った時に言われた一言です。

本当すげー都市だよマ・ニ・ラ・・・

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク