オーストラリアついて4日で車を購入した備忘録 in Perth

おれは・・・

オーストラリアでも車がほしいのじゃ!

だって車があれば、荷物の心配なしにいろんなところへいけて、ファーム探しも楽になるだろう・・・。

さらにデカイ車を買ってしまえば、車中泊ができるので宿泊費も浮くだろうから一石なんちょうってことになるだろう。

う〜む、車を持つことによるデメリットを感じない!
よし!車を買おう!!って意気込みでおれはパースに来て4日後に車を購入したのだ!
※2016年9月パースの出来事なので手続きにさいし今後変更があるかもしれません。

車を探す

パースで車を購入する方法は大きく分けて3つあると思います。

1:ネットで探す

2:知人から買う

3:車屋で買う

※どの購入方法も簡単な英会話は必須です。値段交渉できるので。

では順番に各購入方法のメリット、デメリットを見ていきましょう。

1:ネット

一番ポピュラーなサイトはオーストラリアではおなじみのGumtree。
自分が思うにあまりメリットが感じられない方法ではないのかと思います。
っというのもここで売っている人はプロでなく素人もいます。なので購入した車が重大な問題を抱えていたなんてことがしょっちゅう起こっているんではないかと思います。
ちなみに自分はGumtreeでとある車を購入したんですがね〜。
詳しくは後ほど書きます。
まぁメリットとしては素人が販売しているっていうことで難癖つけて値段を下げるなんて交渉は簡単にできます。
もちろん素人だけでなく中古車業者もGumtreeで販売投稿しています。

そしてネットはGumtreeだけでなくフェイスブックでも車の売買はされています。
パースではPerth Backpackerで販売、購入されています。
販売している人のほとんどは各国から来たバックパッカーだと思われます。
値段が交渉次第で下がりやすい反面、しっかりとしたメンテをしていないような車も販売されています。なので地雷を踏む可能性が極端に高いです。

メリット:交渉次第で安く車をゲットできる
デメリット:問題を抱えている車が割と高確率で販売されている

2:知人から購入

こちらに関しては、ツテがないと始まらない話だと思います。
まぁよくある話は帰国や移動に伴って車を手放すから安く買ってくれってながれではないでしょうか。割とバッパーで仲良くなった人とかからきそうですね。

メリット:友人価格で車を購入できる
デメリット:問題を抱えてる車を譲られる可能性がある

3:車屋で買う

オーストラリアでは中古車販売はさかんなんですが、割とみんなネットを駆使して購入するためか、日本のように中古車販売所ってようなものはあまり見かけません。
やはり車を買うなら個人よりプロから購入したほうが安心感はあると思います。っが、やはり安心価格という見えないものが上乗せされるのではないでしょうか・・・。それと車屋で働いている人はほぼ100パーセントでオージーもしくはネイティブスピーカーなのである程度の英語力が必要になります。
あまりこういうことは言いたくはないのですが、もしかしたら英語があまりうまくしゃべれないと変な車を売りつけられたり、ぼったくり価格で購入してしまう可能性もありますね。

メリット:プロから購入できるのでマシな車に巡り会える可能性大
デメリット:他の方法に比べて価格が高い場合がある

えぇ自分は先ほどもちらっと書きましたが、Gumtreeで車を購入したんですよ。
フランス人バックパッカーから。

でね買った車ってのが、Jeepなんですよ。

IMG_3745

初めて見た時「これや!」って心の叫びが聞こえたので一目惚れで購入を決定してしまったんですよね。
この車、後部座席が改造?されていてベットになっているんですよ。なんで快適な車中泊が可能!釣竿付き!!

IMG_3975

ザ・バックパッカーカー!!

年式は1997年、走行距離は308000キロ、REGO3ヶ月

で2200ドル!!

最初2500ドルの交渉なしって投稿だったんですが、2000ドルなら買うって言ったら、交渉の末2200ドルに値下がりしました。

交渉で簡単に300ドルも下がるなんて不思議ですねぇ

やっぱりあったんですよ。。。異常が!

購入して2ヶ月経ってメカニックに診てもらったんですよね。

「ラジエーターぶっ壊れてるやん!」

イタリア系オージーは笑顔でそう言いました・・・

Jeep、2200ドルこんな価格で販売されていたらまずどっか壊れていると思いましょう!

名義変更

※これから書くことはWAに限っての話です。他の州はその他必要書類があるかもしれません。

車を購入したらまずしなくちゃいけないのが車の名義変更!
日本では実印やら戸籍やら車庫証明やらと色々と提出書類があるかと思います。
でもねここオーストラリアは簡単なんですよ。
たった紙1枚!!
それがこちら

スクリーンショット 2017-01-19 21.51.57

ちなみに12月に新しく車購入したんですが、名義変更の書式が若干かわってましたよー

この紙たった1枚ですよ!

これを書いて郵送もしくはDOTに持っていって手数料払えば変更完了です。
変更手数料は購入金額によって変わります。もちろん安ければ手数料も安くなります。
だからといって購入金額を虚偽申請してはだめですよ・・・。紙にも書いてあるとおり、ばれたら罰金2万ドルです。

販売者は7日以内、購入者は14日以内に提出です!!遅れると罰金です!

レジストレーション

車購入にあたりでてくるワード、レジストレーション。通称レゴって呼ばれます。
これはナンバープレートですね。
感覚的にはナンバープレートはお金を払って購入するって感じですかね。
日本って車検で車の登録を延長するときに自賠責保険を払いますよね強制で、それのオーストラリア版といった感じでしょうか。なのでレジストレーションが切れているってことは自賠責保険も切れているってことなので走っていたらアカンなやつなんです!!
更新の値段は車によって違いますが、自分のセダンは3ヶ月で184ドルです。6ヶ月で350ドル前後でしょうか。

どうですか?高いですか?

仕事している人なら3ヶ月の更新なんて1日で稼げてしまいますよね。
自分は思うんです。購入時にレジストレーションが残ってなくてもまぁそんな大した問題ではないんじゃないかと・・・。もちろん半年以上残っていればお得感はますかと思いますが・・・。

レジストレーションがどれだけ残っているかはネットで確認できます!

DOT

※もしレジストレーションが切れてしまった場合、3ヶ月以内なら更新手数料払うだけで大丈夫みたいです。
3ヶ月以上なら手続きがややこしくなるみたいです。詳しくはわかりませんが、車検的なやつやらなきゃいけなんでしょうね。それとナンバープレートの返却を怠ったってことでもれなく罰金付きみたいです。

ロードワーシー

日本でいう車検みたいなもんですかね。
WAではロードワーシーの取得義務がないので、自分はあまり馴染みがないんです。他の州では販売時に取得するとか、毎年取得するとかみたいですね。
WAでは取得義務が無いせいで、大きな問題を抱えた車が普通に売買されてます。そのかわり全体的に車の価格は低いんです!!

交通ルール

車を運転するなら是非とも知っておきたいオーストラリアの交通ルール。
なにやら面白いルールがあるみたいです。

それがこちら、

・17 歳以下の同乗者がいる車内で喫煙した場合。罰金200ドル

らしいです。喫煙者のお方はくれぐれもご注意下さい。

その他一般的なルールや違反について在パース日本領事館のホームページに公開されていたので、リンクを貼り付けます。運転前に必ず読みましょう!日本のルールでは大丈夫なこともオーストラリアではアウトなんて場合もありますからね。

在パース日本領事館、交通ルール

シートベルト系の罰金の額えげつないですね・・・。罰金500ドルって
黄色信号で交差点の侵入もアカンって・・・。鬼やね。だからみんな黄色なのに急ブレーキで停まるのか。日本の感覚だと黄色なら行っちゃえ的な感じですよね。

ってかビール1杯ぐらいの飲酒運転はグレーゾーンみたいですね。まぁお酒が弱い人は1杯でも引っかかるかもしれませんが・・・。

ちなみにオーストラリアのハイウェイの制限速度は110キロです。日本の高速よりも10キロも速いんです。10キロなんてあんまり大差ないって思うかもしれませんが、実際走ってみると10キロの差ってものを痛感します。
そして110キロのハイウェイだろうと、中央分離帯なしの片側1車線の対面通行が普通です。なんなら道沿いに家とかありますので、急な車の飛び出しにご注意下さい。110キロからの減速はかなりきついです。

免許

国際免許証を取得していれば入国後3ヶ月以内なら大丈夫だったと思います。
そ〜なんですよ・・・3ヶ月以上滞在する場合は現地の免許に書き換えしなければいけないって国があるんですよ。フィリピンとかフィリピンとかフィリピン・・・。

話が逸れました。

国際免許証
日本の免許の翻訳証明書(これは日本領事館で取得できます)

パース日本領事館の場所はここ


その他に現地の免許を取得するって方法もありますが、必要書類を集めるのがめんどいっすね。
以下、日本領事館にのっている必要書類の情報です。

・パスポート
・ビザのコピー
・日本の免許証
・免許の翻訳証明書
・オーストラリアの銀行の残高証明書
・オーストラリアのクレジットカード
・タックスファイルナンバーの書類

必要書類は変更している可能性もあります。最新の情報はご自身でご確認ください。

ノーザンテリトリーでは西オーストラリア州よりも簡単にオーストラリアの免許証が取得できます。

詳しくはこちら、オーストラリアの免許証ゲットだぜinアリススプリングス

最後に

WAでは車購入はとんでもなく簡単です。
なにせ紙1枚で名義変更ができるから。
もちろん中には重大な故障がある車も販売されています。そのような車をいかにして引き当てないかが重要になるのではないかと思います。
でも安心して下さい。パースには日本人整備士の方がいます。そしてその方に頼めばインスペクションに同行してくださると思います。(もちろん有料?)できる限りトラブルを避けるためにも、購入前にプロによるチェックは必要なんじゃないかと思います。

じゃないと・・・おれみたいに・・・

ラジエーター壊れてるっから!!

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク