2017年版Pepperstone口座開設の仕方

はいどうもみなさんこんにちは。

自称FXトレーダーのおれです。

先日EURNZDのチャンスが訪れたので、チェケらしようとおもったんですが、スプレッドが高いこと高いこと・・・

結果あまり良くなくおわってしまったんですが、もし、スプレッドがもっと低かったらな〜なんて思いあれやこれやググっていた時に出会ってしまいました!

Pepperstone!!

なにやら金融庁のあれで、日本人は口座開設ができないらしいけど、ここのスプレッドの低さは驚愕レベルっすね・・・

ってことで今回は2017年日本人ながらpepperstoneの口座開設に挑戦しようかと思います!!

口座開設

詳しい説明は省きますが、入力項目は日本の証券会社とほぼ同じです。

名前、住所、メールアドレス、電話番号…

個人情報を入力し終わったら、次に簡単なテストが待っています。

内容は為替に関することです。

全部英語ですが、グーグル翻訳を使えばなんともないレベルです。

そして最後に待ち受けるのは、本人確認書類の提出

ここが日本人にとって一番の山場ですよね。

先ほど書いたようにPepperstoneで日本人の口座開設は現状できません。

なので、日本のIDは全部ダメです。

ちなみに本人確認書類は2種類の提出が求められます。

例:パスポートとドライバーライセンス

ドライバーライセンスとバンクステイトメント

写真付きIDを2つ、もしくは写真付きID+住所が記載されている公的書類です。

もちろん住所は入力時に記載した住所と一緒でなければなりません。

ハードル高すぎです・・・無理ですね・・・

ワーホリ

さて突然話は変わりますが、このブログで書いている通りオーストラリアでワーホリを1年しておりました。

まぁ1年もいればあれやこれやといろいろ必要書類なんて簡単に手に入っちゃうわけなんですよね。

例えば・・・オーストラリアの免許証ゲットだぜinアリススプリングス

で書いたようにオーストラリアの免許証(住所入り)

【超簡単】NABのバンクステイトメント取得方法

で書いたようにオーストラリアの銀行NABのバンクステイトメントをネットで入手する方法

はい、

あれ?

本人確認書類揃いますた

ワーホリ最強伝説

無事開設

ってことでワーホリ時に入手しておいた確認書類を提出し、見事2017年10月18日Pepperstoneの口座開設に成功しましたとさ

見ての通り、Pepperstoneは日本人の口座開設は停止しているにもかかわらずサイトは日本語表示ができるんですよね。

さて、その後口座開設と同時に知らない番号から鬼電がありました。

基本知らない番号からの着信は無視なんですが、かけてきた人律儀にメッセージ残していったんですよ。

「こちらペパースーンのファビアン、電話くれよ」的なや〜つ

その後も電話、メールと結構執拗にコンタクト取りに来るんですよ。

ま、そーゆーとこ日本の証券会社にないよね。ってゆーカルチャーショック受けています。

最後に

果たしてオーストラリアに居住していないのにオーストラリアの住所を使って口座開設をすることは違法なのか違法ではないのかわかりません。

また仮に利益が出た場合、オーストラリアで確定申告して納税をしなければいけないのか・・・

などわからないことだらけです。

でもスプレッドの低い口座で取引できることは利益の増加につながるのでいいことですね。

みなさんもぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

オーストラリアにワーホリ行く必要がありますけども・・・

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







スポンサーリンク