パスポートの保管方法が信頼の証と同じである

明日でいよいよ最後の出勤になります。

もしかしたら20代最後の仕事になるかもしれません。

お金がある程度たまったので、日本に帰らないか、カナダの永住権を目指す以外ではおそらく働くことはしないでしょう。

別に働くことはきらいじゃないですよ。

ただ、人生にとって無駄とは言えないけども、プラスにならないような仕事はしたくないですね。

それが、バイトなんですよ・・・。

学生時代自分は結構な時間バイトをしていました。

バイトを始めたのが、高校1年の15歳からです。

そこからやめたり大学進学したりして、途中で休んだ期間はあったけども、大学卒業までなんやかんやずっとバイトはしていました。

そして卒業後、就職してバイトでは味わえない自分の行動、仕事に対する責任がのしかかりました。

それが意外にプレッシャーとなり負担っというよりかはどっちかといえばスリルみたいに楽しむことができました。

そして今、オーストラリアでまたバイトとして働きました。

責任がない分仕事に対するモチベーション、スリルが全く感じません。

そうなんです。

つまんないんです。

仕事内容や同僚とかの話ではないんです。単純にバイトってポジションがつまんなんです。

だから、次働く時は、責任が重〜くのしかかるポジションで働きたいですね。

その方が毎日スリルがあって楽しいですからね。

さてそんな今日、いつも通り仕事が終わり部屋に帰ると、ルームメイトのパスポートが床に落ちていました。

いや、正確にいえば放置でしょうか。

もちろん部屋の鍵は開いています。なんで、だれでも自由に部屋に出入りできます。

にもかかわらず、床にパスポートが放置されていました。

よく言いますよね、海外では命の次に大切なのはパスポートって。

ま、パスポートないと国に帰れませんからね。

ってかその国からも出られませんし。

本当パスポートは大事ですよね。

もし紛失、盗難なんかしたら相当な無駄な労力が必要になります。

な、な、な、なのにパスポートの放置。

考えてみてくれ、もしおれが今、金に困っていてパスポートの転売をしようと企んだら・・・。

欲しい人に売ればパスポートなんてそれなりの価格で売れるでしょう。

しかもオーストラリアなんてイスラム国と繋がりがある人も住んでいるでしょう。

そんな人たちなら他人のパスポートなんてのどから手が出るほど欲しがるんじゃないでしょうか。

そんなもんを放置とは・・・。

アイルランド人の考えることはわからんぜ・・・。

たま〜に他の人のブログ見ていると、シャワー入ってる隙にスマホや財布盗まれたって記事見かけます。

物騒ですね、オーストラリアって。

でも、ここアリススプリングス、いやヘブンバックパッカーではパブリックエリアに普通に充電中のスマホが放置されています。

もちろん監視カメラなんてありません。

だれでもフィールフリー状態です。

でもだれも取りません。

平和なんですよ。

ここは。

よく言うでしょ田舎は平和って。

平和を求めるなら是非田舎へ

これ鉄則っす。

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク