ネイティブフラワーのよさを伝えましょう

まずはこの写真をみてください。

IMG_3952

すでに枯れている花なんですよ。

でも綺麗だと思いません?

これがネイティブフラワーの魅了だと思うんです。

さて今回はおれが3ヶ月働いたファームで栽培していた花たちを写真で紹介していこうとおもいます。

キングプロテア

IMG_3900

この写真の花は自分の手のひらサイズの大きさです。
とにかく大きい花なんです。

プロテアの名は、ギリシャ神話に登場する、自分の意志でその姿を自由に変えられる神プロテウスに由来する。あまりにも立派で荘厳な花が咲くからである。とくに、キング・プロテアと呼ばれるP. synaroidesは見事で、南アフリカにヨーロッパ人が到着して以来、南アフリカのシンボル的植物とされ、現在も南アフリカ共和国の国花に指定されている。

ウィキペディアより

IMG_3903

花はこんな風になってます。色も白、赤、ピンクと種類があります。

ちなみに日本では1本1500円程度で売られるみたいです。

ゴールドカップ

IMG_3858

こちらがこのファームの主力商品です。
黄色が映えますねぇ〜
ちなみに最初に貼った写真はこれが枯れた状態です。
枯れても楽しめる最強の花です。

主力商品のため品種違いでめちゃめちゃたくさん植えてありました。
なので、黄色、赤、花が小さいタイプなどなど。

ちなみにクリーニングが面倒くさい花の1つです。っというのも葉っぱだけでなく無駄な枝も取り除かなきゃいけないので、力がいるんです。

90センチを超えるものだと1本1000円で販売されているようです。

IMG_3865

こんな感じに大量になってます。
一体これで何円になるのでしょうか・・・

ライスフラワー

IMG_3920

玉みたいなちっちゃいのがたくさん付いてる花です。

これも主力商品の1つです。一番多いときで週で5000本収穫をしているぐらいの花です。

色も、緑、白、ピンクとありとっても綺麗です。

IMG_4007

変わり種だとこんなものもありますよ。

IMG_3936

花自体がカッチカチで衝撃に強いです。

一体この花の最終系はどんな感じになるのでしょうか・・・。

ピンクッション

花が針状にトゲトゲとなってます。

IMG_3890

これがね〜。。。

あまり良い思い出がない花です。

っていうのも収穫した花を40センチとか50センチで1つづつ切っていかなきゃならないんです。茎がなかなかしっかりしているので切るのも一苦労な花です。

その他

IMG_3941

こんなバナナみたいな細長〜い花もあるのです。
バンクシアって花みたいです。
これは木に花がなってるんです!
なので、収穫には高枝切りハサミ使うんです!!

IMG_3993

そして花の定番中の定番、バラ
これは1列しかないんで、オーナーの趣味程度です。

そしてこれが一番驚いたんですが、バナナの栽培もしているんです!!

IMG_3938

いや、バッセルトンって冬場は0度近くまで気温が下がるんですよ。なのにこんな立派なバナナがあるんです!!
静岡でもバナナの栽培本気だせばいけるんじゃね??

最後に

自分が働いていたファームでは直販もしていたんです。そしてこれはなーんも考えずただ収穫した花をバケツに入れておいておいただけのものを撮った写真です。

IMG_3916

とんでもなく綺麗でしょ??

これがネイティブフラワーの実力なんです。
ちなみに昨年両親の還暦祝いにネイティブフラワーをプレゼントしました。
「綺麗な花をありがとう」というメッセージをいただきました。

どんな花でも美しいですがなんかネイティブフラワーだけは特に美しく感じるのは自分だけでしょうか・・・。

ネイティブフラワーは秋の結婚式のブーケなどにもよく利用されるらしいので、秋に結婚式を挙げるご予定があるかたは出会う機会があるかもしれないですね!

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







スポンサーリンク