インドネシアのすすめ

本日、寝起きにチキンライスをしばきました。

朝から油ギッシュな濃ゆいや〜つですが、付け合せで出てきたプースーが大根入りでめっちゃうまかった〜

大根のおかげで油ギッシュな感じが吹っ飛び無事完食できましたとさ

っとそんな顔テッカテカな俺がお送りする本日の記事は、ズバリ

インドネシアのまとめ記事!!!!

ここ最近の投稿を見ればわかると思いますが、インドネシアの記事などほとんど書いていません。

でもそんな状況だからこそまとめ記事をかいてから〜の細部を書いていくスタイルをとっていこうとおもっているんです。

新しい試みでしょ!

インドネシア旅行

から先日無事に帰ってきましたよ!

いったことがない国であり、事前情報で英語があまり通じないなどと言われて若干不安な部分もありましたが、実際は英語も普通に通じるし、物価はそこそこ安いし、何よりも親日のお方が多かったために、意外と楽しく過ごせましたよ!

また事前にいくつもりがなかった街に寄って見た景色や人との出会いはかな〜りよかったです。

やっぱフットワーク軽いバックパック旅行ってのはほんと最高だな〜と改めて気づかせてくれるような旅となりましたとさ。

ルート

今回のバックパッカー旅行のルートは結構王道ルート!

ジャカルタ〜バリ

まずはインドネシアの首都のジャカルタへ。

そこから、火山、茶畑などが有名な高原都市バンドゥンに

次にジャワ島随一の観光地!世界最大の仏教寺院がある古都ジョグジャカルタへ

それからインドネシア第二の都市、ジャワ島の大阪スラバヤ!!

寄り道で最近噴火したジャワ島火山の暴れ馬、ブロモ火山があるマランに

そして魔界と人間界の入り口はここではないかと噂される程の神秘的な火山のあるバニュワンギ!

最後にゴールのバリ島!!

期間

出発前の簡単なスケジュールではバリ島へつくのが入国から2週間後。そしてリゾート地であるバリ島でゆっくり2週間程滞在しようって計画でした。

実際は、バリ島につくまでに3週間かかってます。

別に移動が大変だったわけでなく、予定外の場所(マラン、バンドゥン)によったことと、ちょっとした理由があり、余裕をもった移動をすることになったために1週間もバリへの到着が遅れています。

まぁ、結果としてこの判断はくっそよかったと思っています。

ってのもバリ島が・・・

あまりにもイメージしていた感じと違ったのと、ジャワ島に比べて物価が高すぎでとてもじゃなく1週間以上滞在したい場所とは思わなかったです。

予算

予算なんてものは計算していません!

でも物価が割と安い国なので10万もあれば大丈夫かなって感じです。

10万って案外高いように感じるかもしれませんが、フィリピンもそうだったように、島国って割とアジアの安い国、マレーシア、タイ、カンボジアなんかと比べると高いんですよね。

もちろん節約しまくりのチョー貧乏旅行で行けばこんなに必要ないでしょうが・・・ま、オーストラリアでがっぽり貯金できたんで、そこまでの貧乏旅行はしないつもりでした。

結果としてまったく計算していないんですが、10万以下で収まったような気はしています。

ホテルは全部安宿利用で、基本レストランじゃなく、屋台や大衆食堂的な安いやつで食事を済ましました。

ただ、おもった以上に移動費にお金がかかったような気はします。

っていうのもジャワ島内は主要都市間を電車が走っているので電車で移動できるんですが、直前の予約だと一番下のクラスが売り切れで大体値段が高いチケットしか残っていないんですよね。

バスを利用すれば安くいけるんですが、いかんせん移動時間が長めなのと、バスターミナルが街のはずれにあるせいで値段の割に手間とかを考えれば電車のが高くても納得って結果になるんですよね。

そしてアジアあるあるの観光地での外国人価格!

メジャーなところは全部ローカルと外国人で別の料金設定でした。

地味にそれがボディーブローっすわ・・・

最後に

計画と結果で結構なズレはありましたが、悪い方向へのズレではなく、良い方向へのズレだったので、結果よかったです!

お金はそこそこかかりましたが、後悔はありません。ほんといってよかった国だなと思いました。

ただ、また行きたいかといわれると・・・ですね。

PS

この記事はまだまだ書きかけです。他の記事が出来上がり次第かきたしていきますよー。

では画像なしですがさよーなら。

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







スポンサーリンク