一言だけ言わせてくれ・・・。

おれは自分の言葉、行動にどんなときでも責任を持つ

実は今日新しく採用したコリアンボーイのトレーニングをしました。

驚くことに、本当に彼はぼーやです。

年齢はわかりませんが、とにかく若かったです。

もちろん見た目ではありません。

中身がです・・・。

教える立場として決して言ってはいけないと思う言葉を思わず自分は発してしましました。

「Fuck」「Crazy」

誰だって教えられる立場であればこの2つの言葉は聞きたくはないでしょう。

でも、あまりにも彼が昨日教えてもらった人への敬意を欠いていたので、つい言ってしまいました。

俺は聞きました。

「バスルームの掃除の仕方を知っているか?」

彼は言いました。

「知っている。」

でも実際見ていると全くできていません。

だから俺はもう一度聞きました。

「本当に知っているのか?」

彼は言いました。

「いや、忘れてしまった」

「Fuck! Are you crazy?」

彼は昨日教えて貰ったにも関わらず、メモも取らなければ携帯で写真を撮ることすらしませんでした。

そして掃除の仕方はしらないっていう言い訳。

話にならないですね。

確かにここで俺が汚い言葉を使ったのは反省するべき点だとおもいます。でも彼の返答は本当に失礼なものであり、全く受け入れられない言葉です。

仕事を教えられるってことは重要なことであり、同じことを2度聞かないように自分なりに工夫する必要があるとおもいます。

ましてやここオーストラリアでは英語で教えられる機会も多いとおもいます。

もし理解できなければ、理解できるまで聞くなり、最悪スマホの動画でどうやって正しくやるのかを記録しておく必要があるとおもいます。

そんな単純なことも出きない奴が働く資格なんてないっておれはおもいます。

理由は単純で先ほども書いたように、教えてもらう先生への敬意を欠くからです。

おれの言葉のチョイスはまちがっていると思う。でもおれの言っていること、言いたいことは正しいと思う。

もしこれが問題となり仮にクビになるなら、潔く受け入れるだろう・・・。

ちなみにこの会話はマネージャーが外で聞いていたらしく、会話の途中で彼は連れ出されました。

そして彼はもちろん、おれの言葉に対し、くっっっっそ怒っていました。

でもマネージャーも理解しています。

おれの行動は正しいと。

ってことで今後もibisで働けそうです。。。

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







スポンサーリンク