英語の話。エピソード4〜短縮系挨拶〜

最近部屋のエアコンをつけるか消すかでデブとバトルを毎夜繰り広げているスイッチ王子ことおれですよ!

今日も日が昇るまでは結構寒かったですね。

昨夜の気温が7度まで下がっていて若干テンションがあがりました!理由はわかりません!

さてそんな今日はあの大人気シリーズの復活です!

もうすでにみなさんお忘れかもしれないので・・・

その名も「英語の話」シリーズ〜

まぁテーマとしてはオーストラリアで生きている中で聞きなれない英語や表現をおれなりの解釈で勝手に書きなぐっている雑記です。

ではいってみましょっ

過去編は↓からね!

英語の話。エピソード1〜答えはいったいなんなんだ〜

英語の話。エピソード2〜誘導尋問〜

英語の話。エピソード3〜なぜやらへんの〜

挨拶

今回のテーマはあいさつです。

重要!

めっちゃ重要!

特にオーストラリアや欧米などのとにかく喋る文化の中ではくっっっっそ重要ですね。

オーストラリアでの一般的な挨拶って

「How’s it going mate?」だと思うんです。

結構男性の方はこれ使いますよね。

見知らぬ人にもこれって使えるから結構使用頻度が高いんですよ。

今滞在しているバックパカーの相部屋の人にも会えばこれを言っています。

英語喋れなくてもこのワードだけを言っていれば大丈夫なんじゃね?って雰囲気漂っていますよね。

でもこれって長くないっすか?

文字に書き起こすと、

「ハウズゴーングメイト」ですよ。

なっが

なっげぇな〜

って思いません?

そんな方に朗報です。

なんとこれの短縮系を言っている場面に遭遇してしまったのです。

ルームメイトが・・・

「ヘイゴーメイ」

どや!

短くないっすか?

これで明日からオーストラリアナイズの挨拶できますね。

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク