セブからマニラへ俺流の移動

セブから始まったフィリピン旅

目的の1つであるレイテ島慰霊碑ツアーを終え、次に向かうのがカオス都市マニラ

セブからマニラへの移動ってほとんどの人が飛行機を使うと思います。

だいたい2時間ぐらいですかね

プロモ価格だとチケットで3千円で荷物代が1500円ぐらいでしょうか。

合計4500円

安いですよね。

もし荷物なければチケット代3千円でマニラまで行けるなら本当便利な世の中になりましたね。

でも俺ですよ・・・

そんな飛行機などという便利なものを使いますかいな!

今回は俺流のセブからマニラへの移動方法をご紹介しましょう

フェリー

まずフィリピンは島国なので島間の移動はフェリーを使います!

当たり前ですね。

で、主要な島はフェリーで繋がっています。

例えば、ルソン島とサマール島、セブ島とレイテ島、ルソン島とミンドロ島などとね。

ってことなんでフェリーを使えばセブからマニラまでは海路、陸路で移動できるわけなんですよ。

バスorバン

フィリピンの主要な移動手段はバスです。

路線網は強大で、どこの都市、街、村までもバスを利用すれば行くことは可能でしょう。

驚くべきことに乗車時間24時間の長長距離バスなどもマニラから出発しています。

もちろん始発から終点まで乗る人は多くはないでしょう。

でもバスは時間がかかりますが、財布には優しいです。

お金をかけずに移動するならばバスをうまく利用するといいでしょう。

そしてバンも結構な路線を走っています。

1台あたり15人乗りで人数が集まり次第出発です。

しかしバスよりも早いですが、若干値段は高めです。

助席に乗れればラッキーです。一番足を広げて乗ることができます。

しかしここは紳士の国フィリピンです。女性や老人がバンに乗ろうとしたら譲る必要があります。もちろん強制ではないですが・・・

俺の感覚的に、老人→女性→外国人旅行者→その他って優先順位でしょうか。

セブからマニラ

さて前置きが長くなりましたね。

では俺流の移動経路を解説していきましょう。

まずセブからフェリーでレイテ島オルモックへ(500ペソ)

オルモックで1泊

オルモックからバンでタクロバンへ(130ペソぐらい)

タクロバンで1泊

タクロバンからバンでサマール島のカトバロガンへ(130ペソぐらい)

※レイテ島とサマール島は橋でつながっています。この橋は戦後補償で日本によって作られた美しい橋です。

カトバロガンからバンでマニラへ(1200ペソ)

本当ならバンを使ってちょっとずつ移動し、いろんな街を見て回ろうかと思ったんですが、まさかのバスターミナルへ行ったらもう直ぐ出るマニラ行きのバンを見つけてしまいましてね・・・

乗客が自分含め8人ぐらいで横1列誰も乗っていなかったので横になってねれる感じだったので、思わず飛び乗りましたとさ。

ってことでカトバロガンからバンでサマール島のアレンまで行き、フェリーに乗り換えルソン島に入りマニラまで直行!

15時出発でマニラに着いたのは13時です。

実に移動時間22時間!!

長かったです・・・

乗り換えが面倒くさいと思う人はレイテ島オルモック発マニラ行きのバスを利用してはいかがだろうか。

値段は調べていないのでわかりませんが、運行はしているのは確認しています。

まとめ

セブからマニラまで陸路とフェリーをつかって、合計移動時間はノンストップで2日ぐらいでしょうか

代金はおよそ2000ペソ程度!!

もちろんバスを利用すればもっと安くなるでしょう。

2000ペソなら飛行機を利用してもそこまで価格差はないですね。

結果、時間もかかりそこまで価格メリットがない移動方法でした。

しかしゆ〜っくりとフィリピンの田舎を見ながら旅行したいという人にはもってこいの移動方法だと思います。

田舎に行けばフィリピン人もフレンドリーな奴が多く、その街や村の文化や生活様式なども垣間見れてとても面白いです。

興味がある人は是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク