小型バックパカーを目指して

今回の記事は今更ながらのおれの荷物紹介・・・いや、荷物少ないだろ自慢です。

もしオーストラリア編の記事がお読みになりたい物好きなお方はどうぞ今回はお見送りください。

ただの自己満記事なので・・・ 😆

荷物軽量化のきっかけ

昨年の6月・・・

おれはフィリピン留学を終えて、サッカーのチケットを握りしめたままイタリアへと飛びだった。そう、EURO2016を観戦するために。

そしてその時持って行ったバックパックがとんでもなくこなきじじいだったのだ。

バックパックは「グレゴリーのバルトロ65L

スクリーンショット 2017-01-17 7.34.03

詰め込んでいた物は、テント、寝袋、非常食、上着、ズボン・・・

もろもろ含めてトータル20キロ程度あったんですよ。

確かに動画でも言っている通り、荷物の重量を体全体で負担してくれるので、重い物を背負っている感覚ってのがあまり感じないんですよね。

でもやっぱ重いんですわ

まぁ20キロっすからね。億劫になるんですわ

移動が。

ゆーてみれば、小学1年生を背負って移動するみたいな感じですね。。。

重いでしょ!?

ってことで、荷物の軽量化に乗り出そうと計画したわけなんです。

作戦!

荷物の軽量化って言ってもヨーロッパをバックパッカーした時の荷物が最低限であると信じていたおれ。

っていうのも夏でもヨーロッパは朝晩は寒い!

寒ければ服を着込む

服が必要

荷物増

こんな方程式が自分の中で簡単になりたってしまうので、まずは服の数を減らそうと。つまりそれは、もし寒いと感じても耐えるという修羅の道を選択することに・・・。

決定事項1

服を減らす

次に娯楽品。

バックパッカーにとってつきものである長時間移動

そんな時に頼りになるのが、本!

ちゃっかりもののおれはこの長時間移動を利用して英語のインプルーブをしてやろうと画策し、3冊ぐらい単語帳やら文法書を持っていたのである。

しか〜し、、、予想通りにそれらは1回も開かれることはなかった・・・

決定事項2

本を減らす

結果

たった2つのことを実行しただけで荷物が14キロにまで減りましたよ。

そしてバックパックも変えました。

やはりでかいバックパックだとスペースがあるから、あれもこれもと詰め込みすぎるという懸念があったので、以前使用していたバックパックにしました。

ノースフェイスのテルス45

スクリーンショット 2017-01-17 9.05.49

小屋泊まりから1泊程度のテント泊まで対応する定番パック。従来モデルの機能性を継承しながら、使い勝手を良くする機能を追加、よりシンプルさにもこだわった構造に進化しました。素材を見直し耐久性をアップ。サイドコンプレッションと連動したポールループやワンタッチ操作が可能な本体スカート、立体裁断を採用しフィット感の良くなったレインカバーなど、様々な機能がアップデートしています。ビギナーから経験豊かなトレッカーまでを考え尽くしたオールラウンドモデルです。男性の背面長に合わせて2サイズから選択ができます。

HPより引用

ってことでこれほんと小型なんです。

ここだけの話、、、あんまオススメできません。

なんたってグレゴリーのバルトロに比べたら全てがちゃっちく感じます・・・。

バルトロは荷重を体全体で負担するって感じなんですが、テルスは肩と気持ちばかりの腰で負担!みたいな感じなんですよね。

だから背負い続けるのは結構辛い。

でも荷物が軽い分バルトロに比べると断然楽!

ちなみにバックパックの中にいれたものはこんな感じです。

・Tシャツ4枚
・ウルトラライトダウンジャケット
・トレーナー1枚
・ジャージの下だけ1枚
・ジーパン(移動時に常に履いてる)
・海パン
・ヒートテック上下1枚づつ
・パンツ4枚
・靴下4足
・タオル1枚
・テント
・寝袋
・薬
・お泊まりセット
・乾パン(非常食)
・トラベルクッカー
・サンダル

あとは小さいものたち・・・

これで14キロ

あとはドンキでかったノーブランドのデイバックにパソコンやら傘やら本やらなんやら入れてます。

それらを含めても余裕で20キロを下回るんですよ!!

いや〜軽い軽い

まぁ足りないものあってもその都度買い足していけば問題ないので出発前は「荷物少な!」って思えるぐらいがちょうどいいって思います。。。

ちなみにオーストラリアに来て、仕事用の服を2枚購入してトレーナーとジャージの下を捨てました。汚れがすごすぎて・・・。

ジャージ、、、ポケットにファスナーついててこれまで結構重宝してたのにー

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







スポンサーリンク