Agodaの謎

便利な世の中にほんとなりましたよね。

自分は毎度宿の予約にAGODAを使っております。

一応スマホには、booking.com、Agoda、hostel world、hotels.comの4つのアプリを入れています。

掲載数ではbooking.comが一番かと思いますが、安さでいえばAgodaが一番だと思います。

さてそんな今日はAgodaの謎の価格設定についてご紹介させてください。

ことの発端はハジャイの宿をAgodaで予約した時・・・

予約しようとした宿が「Hat Yai Dee Hostel」

1泊飛び込みでいくと250バーツ

agodaだと20%オフで230バーツ

21日〜23日まで2泊予約すると、230×2泊で460バーツになるんですよ。

それが21日〜24日まで3泊の予約にすると、1泊190バーツに値下がりするんですよね。

190×3泊で560バーツ

同じ日に同じ部屋に泊まるのに2泊より3泊宿泊のほうが安くなるんですよ。

わかりやすく書くと、

2泊 3泊
21日 230 190
22日 230 190
23日 190

ってな感じになります。

もしこれが他の予約サイトだと23日は190バーツだけど、21、22日は230バーツになってたりするんですよね。

まぁ長く泊まった分プチ長期割引みたいな感じで安くなるとおもうんですが・・・たま〜にこういうことが起きるのでagodaでの予約はオススメなんですよ。

そして、見どころがないと言われるハジャイですが、ハジャイを拠点にしてタイイスラムの街を見てみようと思っていたので、この街に3泊もとまります。

うれしいことにDee Hostelに旅行代理店が併設されていて、バイクレンタルもしているので、バイク借りてソンクラー、パッターニーにでも行ってこようかと思います。

マレーシアからタイに来たものの、通貨がリンギからバーツに変わっただけでそれほど国や文化としての違いをまだ感じれません・・・

それもハジャイの良い面ではないかと思います。

マレー系、中華系、タイ人、3種類の人種がいる街ハジャイ。

なかなかですね。

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク