英語をいかせて世界中で働ける職業ってカジノディーラーじゃね?

今日も暑い1日でしたね。

ibisが朝8時からだったので、6時半に起きたのですが、すでにルームメイト達は起床して外出していました。

こんなもんなんですよ、アリススプリングスのバッパーなんて・・・。

みんな仕事しているんです。

仕事があふれているんですよ。

ディーラー

前回の記事(寝たのは朝7時ですが・・・)で書いた通り、カジノに行ってきました。

オーストラリアで行くのは初です。

ってか人生で2度目のカジノでした。

ぶっちゃけおれあんまりギャンブルに興味ないんですよね。

いまだかつてパチンコ屋の敷居をまたいだことがないぐらいなんです。

パチンコの遊び方すら知りませんよ。

初めてのカジノは韓国に旅行行った時に興味本位で友達と行ったんですよね。

その時、スロットでたまたま少額なんですが勝って、その後ルーレットで惨敗したんですよね。

まぁお金を増やそうって気があんまりなかったんで大した興奮もワクワク感もなかったんですよ。

っで、今回。

やっぱりギャンブルに興味ないっすね。

カジノって運の要素が強すぎて、なんか興奮しなくないですか?

ルーレットなんて数字を予想するって言ってもどこに玉が入るかなんて運次第じゃないですか。

直近の数字が表示されていますが、あれってなんの意味があるんでしょうかね?

なんか「ルーレットは運だけじゃないですよ!」アピールがしちゃって・・・

そそられないですね。カジノに。

ただね、おれがなぜ朝4時までカジノに入れたかってのはね、思った以上にディーラーがかっこ良く見えてしまったからなんですよ。

初カジノは韓国だったために確かディーラーはアジア人だったんですよ。

でもここアリススプリングスはオーストラリアなんで白人のディーラーだったんですよ。

いや〜やっぱフレンドリーなディーラーってかっこいいですね。

いちいち玉スピンする時に「グッドラック」って言ったりチップ交換する時も「チアース、グッドラック」って。

久しぶりに思いましたね。

この仕事やってみてぇって。

ってことでもしディーラーになったらってことをかる〜く妄想してみたんですよ・・・。

うん!

世界中のカジノがある国ではたらけるんじゃね?

もちろん英語が必須条件ですけど、年齢、国籍に関係なく腕さえ良ければなんとかなるでしょ。

さっきネットでちょちょって調べたんですけど、100万ぐらいで専門学校通えばそれなりのカジノの基礎知識は学べるみたいですね。

基礎知識さえ学んでしまえばその後は努力次第でうま〜くキャリアの形成ができるんではないでしょうか。

いいですね〜

夢がありますねー

このままオーストラリア終わったら日本に帰国

カジノの専門学校

どっかのカジノに就職

ってのも悪くないな・・・。

スキルさえ身につけてしまえば世界で通用するしな!

日本帰っちゃおっかな。

ちなみにラセターのディーラーの半分はチャイニーズですよ。

中国人ワーホリの凄み。

ブログランキングに参加しています。おかえりの際には是非下記ボタンのクリックをお願いいたすますます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

新しい旅へ出るにあたり新規ブログ立ち上げました!
ただいま絶賛毎日更新中です!

ユーラシア大陸を100万円という予算内で横断します。
スポンサーリンク







スポンサーリンク